【066】旧向井家

011

江戸時代の農家で、空港連絡道路の工事に伴い、H3~5年に移設工事が行われました。一番高い棟(むね)には巨大な雁振瓦(がんぶりかわら)を乗せています。